So-net無料ブログ作成
検索選択

いよいよ天王山二連戦! [プロ野球]

天王山直前三連戦。
ホークスはバファローズに2勝1分け。
特に、3戦目は天敵西に対して追いかける苦しい展開ながら、9回二死からの同点打。
12回表には、一死満塁の大ピンチを、岩嵜が何とか凌ぎ、引き分けに持ち込む。

一方のファイターズは、マリーンズ相手に、先発転向増井の好調は続き、2戦目は涌井を攻略。
3戦目も先行、中押しのゲーム運びで、予想を覆す、よもやのスイープ。

そして本日より、いよいよ福岡決戦。
首位に立つのはホークスだが、2位ファイターズとは、勝率わずか3厘差。ゲーム差なし。
残り試合数がまだあるものの、ここでの勝敗が今後に影響するのは間違いない。

check1:打者大谷を抑えられるか?
投手大谷が素晴らしいことは当たり前。それよりも、打者大谷との対戦が鍵になる。
特に、ホークス戦ではホームランをよく打たれており、
ホークス投手陣が過去の対戦を活かしてちゃんと研究していれば、ホークスに勝機が生まれるし、
また打たれれば、ファイターズ有利でしょう。

check2:ホークス細川のリード
けがで二軍落ちしていた細川が、この試合から戻れるとの情報。
やはり、リード面では、鶴岡、高谷より抜きんでており、ベテランの味で、若い千賀の良さを
引き出すことができれば、おもしろい展開になるかも。

check3:先取点
先取点は、試合を有利に進める上で、大きいことは当然。どんなにすごい投手でも、
立ち上がりは難しい。好投手大谷を責められる唯一のチャンスは初回だけかもしれない。

check4:継投
完投出来るに越したことはないが、試合の大事さから言えば、早め早めの継投に出るでしょう。
どちらのリリーフ陣も遜色なく、登板過多気味なのも同じ。先発が目一杯行くことを考えれば、
中盤以降に出てくるリリーフの出来で、試合が決まる。
ファイターズ抑えの吉川が、やや不安定なことが気がかり。
栗山監督のことだから、谷元を回すかも。
とはいえ、腰の張りがあって、登板間隔が開いたサファテも本調子とはいえない。

僅差の投手戦が予想されるが、そういう時に限って、
打撃戦になったり、意外に大差がつくような気がする。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: