So-net無料ブログ作成

女神が微笑むチームと、背くチーム [プロ野球]

9回裏二死一、二塁。
バファローズ中島の当たりは、宮西への強烈なピッチャーライナーで試合終了。

10回裏無死一塁。
ホークス内川がチャージするも、ボールをはじき、
カバーしたスアレスからの一塁送球もそれ、無死二、三塁。
四番ディスパイネを三振に取るも、まだ一死満塁。
鈴木の一打は、センターへの低いライナーも、わずかに及ばず、マリーンズサヨナラ勝ち。

グラブに入るか否かで、天と地なのに。
気持ちが入っていて、ファインプレーになるチーム。
気持ちが入っていても、ピンチになるチーム。
ここ数試合こんな形で、ファイターズは勝ちを拾い、ホークスは勝ちを逃す。
流れの差でしょうか。

終盤ホークスを苦しめたバファローズも、ファイターズに3タテされたマリーンズも、
味方にはなってくれなかった。
やはり、自ら倒さないとダメってことです。

ファイターズM1。
本拠地胴上げを阻止したいライオンズの意地を見たいところですが・・・。
パリーグ終戦間近。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。