So-net無料ブログ作成

今夜決まるかパリーグ覇者! [プロ野球]

西武 3-0 日本ハム

9回表先頭4番中田の打球は、もう一伸びがない大きなセンターフライ。
5番田中賢は、ピッチャーに当たる内野安打。これで、一死一塁。
バッターは6番岡。3点差はあるが、ここでつないでランナー二人で、
7番レアードを迎えれば、もしかしての空気が生まれるところ。
しかし岡の当りは強いが、ショートが取って、6-4-3のダブルプレーで試合終了。
この時点で、ファイターズの優勝は、ソフトバンク次第。

ロッテ 2-3 ソフトバンク

8回裏二死一塁。あと一人を討ち取れば、勝利が見えてくる場面で、
代打福浦に、浅いレフト前ヒット。二死一、二塁。
代打井口に、びびったかフォアボール。二死満塁。
1番に戻り、岡田は変化球を振ってもらえず、押し出し四球。スコアは1-2。

まだ、1点差ここで踏ん張ればという場面で、
2番清田には、主審の右手が挙がらず、またもや押し出し四球。2-2の同点。

ここで、千賀は無念の降板。完封ペースが、よもやの二者連続押し出し。
野球は、ほんとにわかりません。

またいつもの逆転敗戦パターンか?ホークスファン皆が思ったことでしょう。
しかし、満塁火消し人こと森福が、首位打者角中をレフトフライに打ち取り、
何とか同点止まりで食い止める。結果的には、ここがポイントになりました。

逆転は出来なかったものの、同点になり、勢いがマリーンズに傾いただけに、
ここはビシッと大谷、南あたり、あるいは1軍復帰の西野かと思えば、田中靖。
確かにここ最近良いピッチングをしていましたが。

先頭7番江川に死球(代走城所)。ここから、歯車が狂い始めました。
結果は、1番福田のスクイズが決勝点になりました。
エラーや四死球を出してしまうと、点につながります。
前夜の再来とはいかず、最後はマリーンズ側のミスが命取りになりました。

マジック1のまま。今夜、仕切り直し。
花巻東の先輩後輩対決とはいえ、下馬評ではファイターズ大谷が優勢。
大谷が一面を飾るような展開が期待されますが、果たして、その通りいくかどうか。
先輩ライオンズ菊池の意地。そして、ライオンズ今季最終戦、田辺監督ラストゲームの本拠地。
昨夜に続く胴上げ阻止の意地を見せられると、おもしろいですが。

もちろん、ホークス武田が、ビシッとマリーンズを抑えればの話ですが。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。