So-net無料ブログ作成

4度目の正直ならず [プロ野球]

ベテランの成績が芳しくないと、自分の引き際を考えるし、周囲が騒がしくなる。

王さんや掛布さんのように、端からはまだやれると思われても、自分の納得がいかず辞めるタイプ。
野村さんや江夏さんのように、端から何を言われても、ボロボロになってから辞めるタイプ。

あるいは、チーム事情で引退を決断する場合もある。
自分がまだやりたいと思っても、チームの若返り方針で、ベテランが追い込まれる場合もある。
(あくまでも想像ですが)

野手は、一振りにかける代打の切り札や、終盤の守備固めの道が残されているが、
投手は、そう簡単にはいかない。

直球のスピードの落ちをカバーするため、
本格派から技巧派への変化を遂げなければ生き残れない。
元から技巧派ピッチャーならば、変化球の切れを磨いたり、球種を増やす努力が必要になる。

4度目の正直となる昨晩のホークス摂津投手。
ひと頃より変化球の精度が落ち、コントロールが甘くなっているのは否めない。

前回登板のマリーンズ戦は、4失点で負け投手になりながらも、チーム初完投。
マリン独特の風を味方にしていても、不調マリーンズに勝てないとなると、正直厳しい。
打たれたボールは、ほとんど投げミス。だが後半は何とか立ち直りの兆しが見えた。

そこで、何とかローテーションに踏みとどまり、バファローズ戦。
バファローズのまずい攻めに助けられ、何とか6回途中2失点。
今シーズン初勝利はお預けになったが、試合は作った。

これをどう見るか、難しいところだが、
和田の長期離脱が決まっただけに、次回登板もあるだろう。
二軍には、生きの良い若手が控えているだけに、内容が問われる茨の道がまだまだ続く。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。