So-net無料ブログ作成
検索選択

二度あることは三度なかった。流石の修正能力。 [プロ野球]

ジャイアンツ 5-1 ホークス

大型連敗の責任を取らされる形で、GM交代の夜。

あわや完封かという快投の菅野。
これまでと違って、いつもの安定感。
快刀乱麻の投げっぷり。

打線もつながる、つながる二桁安打。
二死からの長打や、安全パイと思われたバッターへの攻めにも問題があったけど。
これが、いつものジャイアンツよ!と溜飲を下げたGファン。

ON効果というか、名誉監督が観戦して、気合いが入ったんじゃないの。
好プレーや、打席でのしぶとさも目立ったし。

ところで、9回表。
三番中村晃 3-1からの5球目。ボールに見えたけど、なぜかストライクコール。
フォアボールなら、一死満塁で四番柳田のところが、
結局見逃し三振で、アウトカウントが増えただけ。
勝ち負けの結果は変わらないだろうが、
一発出れば同点と考えれば、プレッシャーのかかり方は異なる。

最初のリプレー検証は、長野の足が早いようにも見えたので、まあ当たり前の結果。
二回目の8回表ホークス長谷川のホームランは、そんなに時間かけなくてもホームラン。
ホームランとあっさり認めた解説者に対し、認めたくないアナウンサーには笑ったけど。


どん底を抜けた感のあるジャイアンツに対し、飛車角銀落ちのホークス
(飛車角よりは戦略ダウンだけど、金銀落ちまではないイメージ)。

菅野さえしっかり投げれば、予想された展開。
ホークスとすれば、完封されなくて、良かったと割り切れる内容。
ある意味、次の日に引きずらない負け方。

だから、今日の第二戦が大事。

FA加入後、初登板のジャイアンツ山口俊。
初勝利を、打線が援護できるか。

それとも、
育成出身のホークス石川が、アウェーの大観衆に呑み込まれないといいけど。
昨日の負けをどう活かすか、キャッチャー甲斐のリードに注目(特に、坂本に対して)。

本日は、NHK-BSがメイン放送。
公平な公共放送で、安心して視られます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。