So-net無料ブログ作成
検索選択

逃げるホークス、追っかけるファイターズ [プロ野球]

パリーグ1位のホークスと、
2位ファイターズゲーム差は、4.5

7月の成績は、ホークス9勝8敗、ファイターズ13勝2敗
(いずれも、7月24日現在)

ファイターズが凄すぎて、ホークスの調子が悪そうに見えるけど、
打線低調の中、毎年恒例の「魔の9月」が早めに来ていると思えば、
それほど悪くない星勘定。

これで、俄然おもしろくなったと喜ぶ人あれば、
こんだけ勝っても、まだまだと余裕をかます人あり。

そして、週末から札幌ドームで、首位攻防三連戦。
ここで、ファイターズが三タテでもするものならば、いよいよわからなくなる。

と、言いたいところだが・・・。

勢いに乗ると、手がつけなくなる
ファイターズらしい戦いを続けているが、
スパートをかける時期が少し早い気がする。

例えば、
フルマラソン35km過ぎで、飛び出すものの、
40kmで抜き返されてしまうような感じ。

ここまで縮めたことは、すごいけど、やはり決戦は9月。
このハイペースが、今後に響かないといいけど。

日曜日、
勝てる試合を落としてしまったファイターズ~三タテを逃す。
劣勢の試合を、ホームラン一発で拾ったホークス~何とかカード勝ち越し。
このあたりが、最後の最後にどうでるか。

先のことは、誰もわからない。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

4連敗で大騒ぎ! [プロ野球]

オリックス 3-0 ソフトバンク

ミスの多い方が負けるのは当たり前。
2点目、3点目ともエラー絡みで失点。

ランナーを溜めるも、絵に描いたようなゲッツー。
どちらが首位というようなゲーム運びでの敗戦。

これで、ホークス4連敗。
ファイターズ11連勝。マリーンズサヨナラ勝ち。
ゲーム差2位と5.5、3位と6.0。

首位失速と騒ぐけれど、まだこれだけの差。

西武で勢いをつけて、乗り込んできたマリーンズとの首位攻防戦。
敗色濃厚からの逆転勝ちに、投手戦を制してのカード勝ち越し。
ここで精魂使い果たしのだろう。

西武で勢いをつけて、乗り込んできたファイターズとの(結果的に)首位攻防戦。
1戦目。ファイターズ高梨に、5安打11三振(ゲームでは15)。
2戦目。ファイターズ有原に5安打9三振(ゲームでは10)。
2戦目。ファイターズ大谷に5安打10三振(ゲームでは13)。
1戦目高梨の見事なピッチングに翻弄された結果、バッティングを狂わされた感じ。

そして、場所が変わり、オーダーもいじったけれど、
バファローズにひねられ、3試合連続完封負け。
投手は抑えているだけに、打撃陣の復活を待つしかない。

ゲーム差3ぐらいまでいきそうだけど、焦るほどでもない。
今は流れが悪いけど、オールスターブレイクが幸いするかも。

これぐらいの緊張感がないと、チームも油断するし、
ペナントも盛り上がらない。

カープも、この先何が起こるかわからない。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。