So-net無料ブログ作成

開幕から1ヶ月 [プロ野球]

開幕からブログを書くこともなく、各チームの戦いを静かに見ておりました。

昨シーズン同様、時々思いついたことを書き込みますので、遅まきながら、よろしくお願いします。
ということで、開幕から1ヶ月を終えての感想が、今シーズン初めての書き込みになります。

セリーグは、ほぼ想定通り。パリーグは春の珍事。というのが、一般的な評論。
WBCの影響は、ないわけないでしょう。

もちろん普通と変わらない選手もいますので、影響には個人差があるようですが、
調子が出ていない選手が多い感じがします。

昨日ようやく筒香、中田に一発が出ましたが、そろそろ松田も目覚めてほしいものです。
投手陣も、不調の石川、故障の武田など復活が待たれます。


調子がいいチームはミスが出ても、何とかカバーし、僅差のゲームを拾いますが、
調子に乗れていないチームは、細かいミスによる無駄な失点が、致命傷になったりします。
そのあたりが特にパリーグのゲームには、よく見られます。

今のところ、打線と投手陣が極めて好循環で回っているのが、イーグルスとバファローズ。
逆に、中々波に乗れないのがホークス。とはいえ、ひところより悪い状況は改善されつつあります。
何のかんの言って、5割でまとめれば御の字。

ペナントレースは長丁場。
ずっと今のまま行くとは思えず、
故障者が出たり、一つのきっかけでの連勝や、些細なつまづきでの連敗など、この先は読めません。
最後は、戦力の厚みが物言う気がします。

今日の注目カードは、
サヨナラ勝ちでライオンズに3タテした好調バファローズ 対 元気印川崎が復帰したホークス。
ホークスが西から先制点を取れるか、一方バファローズは、中田を序盤で攻略できるかが、鍵になるでしょう。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。