So-net無料ブログ作成
検索選択

H vs F 12回戦 [プロ野球]

ホークス 1-0 ファイターズ

1塁ベースに助けられたヒットによる1点が、まさかのスミ1になるとは。
ただ、当たらなくても、ファースト中田が取れたかどうかはわからないけど。

6回表ファイターズの攻撃。
1死から中田が右中間にラッキーな2塁打。
4番レアードは、サードゴロで2死2塁。
これで、一発の危険性はなくなったと思ったところで、5番田中賢に四球。2死1、2塁。
6番大田は、三塁線への当たり。サード松田がよく追いつくも内野安打に。2死満塁。
これは、ファイターズの流れ。大量点もあり得る。

ここで、所用により、視聴中断。
(推測)
7番石井一に代えて、代打大谷。流石に、ホークスも投手交代。左に左で連夜の嘉弥真。
そして大谷が、逆転満塁ホームラン。その流れか。

途中結果が気になり、携帯で確認するも、6回表無得点。ありゃりゃ???。

8回表から視聴に戻る。2塁までランナーを進めるも、大田がストレートに力負けで空振り三振。
8回裏ホークスが1死1、3塁のチャンスを潰し、もしかしてと思いきや、
守護神サファテが、圧巻の三者連続三振でゲームセット。格の違いを見せつけられる。

ゲームのハイライトで、何と大谷は登録を外れており、あの場面ではベンチにいなかったことを知る。

前日の試合でも思ったが、投手陣はそれなりだが、攻めが全体的にちぐはぐなファイターズ。
ホークスよりヒットを打ちながら、点が入らない。
調子が上がらない時の、運にも見放された典型的なパターンかな。

一方、4連勝で敵地に乗り込むホークス。
幾度も跳ね返された0.5ゲーム差を、5度目の正直で、一気に首位奪取となるか?
前半戦の首位攻防戦、結果は如何に!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

リーグ戦再開 [プロ野球]

交流戦終了後の休日が終わり、今日から公式戦が再開。
またまた、オールスターまで目の離せない熱戦が期待される。

試合があればあったで、贔屓チームの戦いに一喜一憂するのに、
試合のない夜は、退屈すぎる。

野球の試合ならば、どんなカードでも楽しめる自分が、
どんだけ、野球好きか気づいた3日間。
こんな時に、二軍のゲームでも中継してくれれば、まだ楽しめたのに。

<今日の注目点>
パリーグ:ライオンズ雄星が、ホークス戦初勝利成るか?
セリーグ:慎之助抜きのジャイアンツが、エース菅野で連勝伸ばせるか?

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

二度あることは三度なかった。流石の修正能力。 [プロ野球]

ジャイアンツ 5-1 ホークス

大型連敗の責任を取らされる形で、GM交代の夜。

あわや完封かという快投の菅野。
これまでと違って、いつもの安定感。
快刀乱麻の投げっぷり。

打線もつながる、つながる二桁安打。
二死からの長打や、安全パイと思われたバッターへの攻めにも問題があったけど。
これが、いつものジャイアンツよ!と溜飲を下げたGファン。

ON効果というか、名誉監督が観戦して、気合いが入ったんじゃないの。
好プレーや、打席でのしぶとさも目立ったし。

ところで、9回表。
三番中村晃 3-1からの5球目。ボールに見えたけど、なぜかストライクコール。
フォアボールなら、一死満塁で四番柳田のところが、
結局見逃し三振で、アウトカウントが増えただけ。
勝ち負けの結果は変わらないだろうが、
一発出れば同点と考えれば、プレッシャーのかかり方は異なる。

最初のリプレー検証は、長野の足が早いようにも見えたので、まあ当たり前の結果。
二回目の8回表ホークス長谷川のホームランは、そんなに時間かけなくてもホームラン。
ホームランとあっさり認めた解説者に対し、認めたくないアナウンサーには笑ったけど。


どん底を抜けた感のあるジャイアンツに対し、飛車角銀落ちのホークス
(飛車角よりは戦略ダウンだけど、金銀落ちまではないイメージ)。

菅野さえしっかり投げれば、予想された展開。
ホークスとすれば、完封されなくて、良かったと割り切れる内容。
ある意味、次の日に引きずらない負け方。

だから、今日の第二戦が大事。

FA加入後、初登板のジャイアンツ山口俊。
初勝利を、打線が援護できるか。

それとも、
育成出身のホークス石川が、アウェーの大観衆に呑み込まれないといいけど。
昨日の負けをどう活かすか、キャッチャー甲斐のリードに注目(特に、坂本に対して)。

本日は、NHK-BSがメイン放送。
公平な公共放送で、安心して視られます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ジャイアンツ連敗に思うこと [プロ野球]

球団ワーストやら、交流戦ワーストの肩書きがついた大型連敗が、
何かと話題になった先週のカード。

やるべきことが出来ないから連敗するのか、
連敗しているからミスするのか、どっちが先かはわからないけれど、
もがけばもがくほど、悪い流れから抜け出せないもの。

誰が悪いと、名指しで責めるのは簡単だけど、
犯人捜ししても、解決にはならない。

先日のホークス対スワローズでは、前半で大差がついてしまい、
勝敗が決してしまったような試合でした。
それでも、スワローズのベンチでは、真中監督とキャッチャーの中村が、
かなりの時間話し込んでいる姿が、カメラに捉えられていました。

何を語っていたかはわかりませんが、叱責しているわけでもなく、
それまでの配球か、先発投手の調子なのか、首脳陣との意思確認のようにも見えました。

そして、ベンチ自体も、それほど落ち込んでいるようには見えませんでした。
これには見方が別れるでしょう。
そんな姿勢だから負けるのだという意見もありますが、
ただでさえ、チーム状態が悪い中では、暗いより明るい方がましな気がします。

家族主義のスワローズと、常勝が義務づけられているジャイアンツ
比較的負け慣れているスワローズと、
負け慣れていないジャイアンツの違いもあるでしょう

それでも、元気がない(ように見える)ベンチでは、勝運も逃げていくものです。


今日からのジャイアンツ対ホークス。
シーズン調子がよい東浜と、まだ調子の出ないジャイアンツ打線。
四番を故障で書いたホークスだけに、本来の菅野であれば、苦戦は必至。

前二試合での不調を改善して、三度目の正直にできるか、
それとも、二度あることは三度あるになるのか。

投手戦であれば、早めの試合終了になり、
W杯予選に間に合いそう。
とはいえ、狭い東京ドームだけに、意外に空中戦になるかも。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。