So-net無料ブログ作成

ジャイアンツ連敗に思うこと [プロ野球]

球団ワーストやら、交流戦ワーストの肩書きがついた大型連敗が、
何かと話題になった先週のカード。

やるべきことが出来ないから連敗するのか、
連敗しているからミスするのか、どっちが先かはわからないけれど、
もがけばもがくほど、悪い流れから抜け出せないもの。

誰が悪いと、名指しで責めるのは簡単だけど、
犯人捜ししても、解決にはならない。

先日のホークス対スワローズでは、前半で大差がついてしまい、
勝敗が決してしまったような試合でした。
それでも、スワローズのベンチでは、真中監督とキャッチャーの中村が、
かなりの時間話し込んでいる姿が、カメラに捉えられていました。

何を語っていたかはわかりませんが、叱責しているわけでもなく、
それまでの配球か、先発投手の調子なのか、首脳陣との意思確認のようにも見えました。

そして、ベンチ自体も、それほど落ち込んでいるようには見えませんでした。
これには見方が別れるでしょう。
そんな姿勢だから負けるのだという意見もありますが、
ただでさえ、チーム状態が悪い中では、暗いより明るい方がましな気がします。

家族主義のスワローズと、常勝が義務づけられているジャイアンツ。
比較的負け慣れているスワローズと、
負け慣れていないジャイアンツの違いもあるでしょう

それでも、元気がない(ように見える)ベンチでは、勝運も逃げていくものです。


今日からのジャイアンツ対ホークス。
今シーズン調子がよい東浜と、まだ調子の出ないジャイアンツ打線。
四番を故障で書いたホークスだけに、本来の菅野であれば、苦戦は必至。

前二試合での不調を改善して、三度目の正直にできるか、
それとも、二度あることは三度あるになるのか。

投手戦であれば、早めの試合終了になり、
W杯予選に間に合いそう。
とはいえ、狭い東京ドームだけに、意外に空中戦になるかも。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。